menu

SMスクリューフィーダーの計量式(SM-A,SM-L)のご案内|広島のセイワ技研

精度よく切り出したい

  1. ホーム
  2. 精度よく切り出したい

Product2SMスクリューフィーダー Aタイプ(ロードセル計量)

特徴1
高精度計量ハカリ制御の高精度な粉体計量
特徴2
カンタン操作重量をセットするだけの簡単操作で手作業を改善
特徴3
工具レスでカンタン分解簡単に全分解できる構造で洗浄性もバッチリ
精度よく切り出したい

精度よく切り出したい

「セイワ技研」の粉体計量機「SMスクリューフィーダー(SM-A,SM-L)」。
Aタイプはスタンダードなロードセル式はかり計量、
Lタイプは減量計量(ロスインウェイト)式の計量機になります。

説明

粉体原料の重量を実際に秤で計量制御する計量式モデル。

容器や袋に対して精度よく計量充填したい場合には、実際に重量を量る計量式タイプがお勧めです。計量したい量や要求精度によってスクリューフィーダー(スクリュー)サイズを選定します。

粉の供給先に秤が設置できない場合には、原料を投入したホッパー全体の重量を量っておき、減った分の量を減量計量制御する方法(ロスインウェイト式)もあります。

供給量が常に一定になるよう計量しながら連続的に原料供給する高精度な定量供給にも適しています。

原料特性によってスクリューシャフトの有無やスクリュー羽根2枚タイプ、2軸スクリューなど対応可能なバリエーションを揃えています。

使用例
・容器や袋への高精度計量
・高精度を要する押出機への連続定量供給
・高精度を要する撹拌槽などへの連続定量供給
・連続配合ラインへの組込み

スタンダードなスクリュー粉体計量機

スタンダードなスクリュー粉体供給機

計量方法 ロードセルによる重量計量
フィーダー径 φ25.4、φ38、φ42.7、φ48.6、φ60.5、φ76.3
スクリュー 軸あり、軸なし、2条ねじ、2軸タイプ
ホッパー 20L、10L、30L、40L、50L、100Lから選択
ブリッジ防止 ブリッジブレーカー
アッパー(ホッパー蓋装着)タイプ
電源/エアー源 AC100V 単相 (50/60Hz)
外形寸法 選択仕様により異なるため、別途お問い合わせください。
重量 約12Kg ~(機種による)

PDFカタログ

※PDFファイルの閲覧には、Adobe社のAcrobat Readerが必要です

Product3SMスクリューフィーダー Lタイプ(ロードセル計量)

幅広い用途で使える減量質量計量

SMスクリューフィーダー Lタイプ(ロードセル計量)

計量方法 減量質量計量(ロスインウェイト)式
フィーダー径 φ25.4、φ38、φ42.7、φ48.6、φ60.5、φ76.3
スクリュー 軸あり、軸なし
ホッパー 20L、10L、30L、40Lから選択
ブリッジ防止 ブリッジブレーカー
アッパー(ホッパー蓋装着)タイプ
電源/エアー源 AC200V 三相 (50/60Hz)
外形寸法 選択仕様により異なるため、別途お問い合わせください。
重量 約20Kg ~(仕様による。台秤部含まず)

PDFカタログ

※PDFファイルの閲覧には、Adobe社のAcrobat Readerが必要です

粒度参考表
要検討(微粉体) 適用(粉体) 最適(粒体)
シリカ
顔料
セメント
カーボンブラック
粉ミルク
酸化チタン
小麦粉
酸化マグネシウム
炭酸カルシウム
粘土
PVC
プラスチックグラニュール
でんぷん
プラスチックペレット
ビーズ
米粒、麦粒
固形燃料
砕石
要検討(微粉体) シリカ / 顔料 / セメント / カーボンブラック
粉ミルク / 酸化チタン / 小麦粉
酸化マグネシウム / 炭酸カルシウム / 粘土
適用(粉体) PVC / プラスチックグラニュール / でんぷん / 砂
最適(粒体) プラスチックペレット / ビーズ
米粒、麦粒 / 固形燃料 / 砕石
精度よく切りだすメリット
  • 正確計量
    半自動
  • 手作業
    改善
  • 職場環境
    改善

より正確な定量を一定の回転数を設定する事で
切りだすことができるスクリューフィーダーです。
半自動ですので人件費のコスト削減にもつながります。

SMスクリューフィーダー Aタイプについて

ロスインウェイト式SMスクリューフィーダー Lタイプについて

ロスインウェイトフィーダーによる連続供給

ロストインフィーダーであれば、高精度な定量連続供給が可能です。攪拌槽への一定量連続粉体供給時など、供給先で秤計算ができないような場面で役立ちます。

gotop

News / Blogお知らせ / 会社ブログ

一覧はこちらから